INTERVIEW 人を知る

経営資源の中で最も重要なのは、人です。さらには人の心です。激しく移り変わる世の中にあっても、自分だけではない“世のため人のために役に立つこととは何なのか”という純粋な考え方を動機として「心を高め」、よりよい暮らしをお客さまと共に創っていくことを目指します。

INTERVIEW 20

沖縄で生み出されたモノを、 世界中に広めていく仕事

沖縄セルラーアグリ&マルシェ株式会社 マルシェ・観光事業推進部

稲嶺 秀信

2010年入社

出 身
沖縄国際大学 総合文化学部 人間福祉学科

キャリアステップ(部署変遷・どんな仕事をしてきたのか)を教えて下さい。

入社1年目(2010年4月~):KDDI新入社員研修(東京)
入社1年目(2010年10月~):営業部 代理店営業グループ
入社2年目(2011年4月~):営業部 ひかり営業グループ
入社5年目(2014年4月~):営業企画部 営業推進グループ
入社7年目(2016年9月~):ビジネス開発部 開発グループ
入社8年目(2017年9月~):人事部付(出向)沖縄セルラーアグリ&マルシェ株式会社

2010年に光回線を使ったインターネットサービスの「auひかりちゅら」が開始され、その立ち上げに従事しました。その後、2014年に当社初の直営店「auNAHA」が設置され、初代店長として多くのスタッフと共に店舗運営を経験しました。現在は沖縄の観光事業に携わる「沖縄セルラーアグリ&マルシェ」で、沖縄の魅力的な商品を県外へ広める新規事業を担当しています。

仕事をする上で大切にしていること、またはやりがいを教えて下さい。

私が今所属している部署の「沖縄セルラーアグリ&マルシェ」は、沖縄の様々な課題を解決するために生まれた新規事業に取り組んでいる会社です。前例もないため、目の前にある業務一つひとつに対しても「本当に沖縄のためになるのか」という問いかけを常に抱くようにしています。

あなたの尊敬する社員はどんな人か教えて下さい。

リーダーとしてチームで仕事をする際、各担当者の仕事内容をきちんと把握し、メンバーの業務内容の課題・改善点を見極め、今後の道筋を描ける人に憧れます。また、リーダーや若手社員に関係なく、自分や自身の所属している部署以外の人たちの悩みなどにも親身になって接し、解決策を共に考え、実行に移せる人は組織の中で良い人財だと思います。

あなたはどんな人と一緒に働きたいですか?

常日頃から一見業務に関係なさそうな情報でも幅広くキャッチし、多角的な視点から会社や業務内容を前進させられることができる、大きなアンテナを持った人は好印象です。また、プライベートでも資格取得などの勉学に励み、自分自身を高める意識を持っている人に、私自身憧れます。

沖縄セルラーに入社を決めた理由を教えて下さい。

私は物心がついた時から沖縄が大好きでたまらなかったのですが、沖縄県が多くの問題を抱えている状況に危機感を持っていました。そのため就職活動の際には「沖縄県内の問題・課題をより多く解決できる企業」ということを重点に置き、企業研究を重ねた結果、CSR活動や会社としての取り組みに魅力を感じ、沖縄セルラーへの入社を決意しました。

プライベートの過ごし方を教えて下さい。

休日には必ずサッカーやフットサルをして過ごしています。当社にはフットサル部があり、毎年県内の様々な大会に参加し、ごくまれに好成績を収めています(笑)。スポーツを通じて交流がスタートした社外の人も多く、そこから実際の仕事に繋がったこともあります。小さな夢は、「沖縄セルラーカップ(仮)」というフットサル大会を開催することです!

OTHER INTERVIEW 他社員インタビュー

一覧を見る

PICKUP CONTENTS ピックアップコンテンツ