INTERVIEW 人を知る

経営資源の中で最も重要なのは、人です。さらには人の心です。激しく移り変わる世の中にあっても、自分だけではない“世のため人のために役に立つこととは何なのか”という純粋な考え方を動機として「心を高め」、よりよい暮らしをお客さまと共に創っていくことを目指します。

INTERVIEW 16

お客さまの通信を 守りながら、未来の技術に 挑戦する仕事。

技術本部 技術部 エリア品質グループ

宮里 夏織

2010年入社

出 身
琉球大学 工学部 情報工学科

キャリアステップ(部署変遷・どんな仕事をしてきたのか)を教えて下さい。

入社1年目(2010年4月~):KDDI新入社員研修(東京)
入社1年目(2010年7月~):(出向)KDDI株式会社
入社3年目(2012年6月~):技術部 ネットワーク技術グループ
入社4年目(2014年10月~):技術部 エリア品質グループ

入社してからの2年は東京のKDDIへ出向。 当時通信の最先端技術であったLTEサービスの開始時期だったので、基地局の展開計画及び策定業務を担当しました。沖縄セルラーに帰任後、技術部で電波改善、基地局建設計画策定業務に従事。ここ3年は、その業務に加え、花火大会などのイベント時の臨時基地局設置、品質向上に向けて取り組んでいます。

仕事をする上で大切にしていること、 またはやりがいを教えて下さい。

仕事柄、人に依頼をすることが多いので、逆に依頼をされた業務は、必ず納期を守るようにしています。現在は「設備投資計画」という、お客さまに快適な通信環境を提供するために、会社としてどれくらいの設備投資をするのかという技術本部の中でも大変重要な計画の策定を担当しています。責任は大きいけれど、任せられている事でやりがいを感じています。

あなたの尊敬する社員はどんな人か教えて下さい。

目の前に大きな課題があったとしても、きちんと正面から向き合って対処する先輩の姿に見惚れます。どんな壁にぶつかっても決して諦めることなく、解決するために働きかける行動力とバイタリティは後輩の私たちにも良い刺激になります。

あなたはどんな人と一緒に働きたいですか?

周囲の人に頼り、分からないことはちゃんと質問する素直な人と一緒に働きたいです。当社の業務は、一人で成し遂げられるものはなく、必ず誰かの手を借りることになります。若手社員のうちは知らないことを恥じず、プライドを持たずに仕事をする人が、成長すると思います。

沖縄セルラーに入社を決めた理由を教えて下さい。

(理学部出身なので)きっかけは学んでいたことと業務内容が関連していたということですが、何よりの決め手は「実際に働いている人」でした。先輩社員との座談会や人事、面接官の方など、就職活動を通して出会った沖縄セルラーの人たちと接していくうちに、「この人達と一緒に働きたい」と強く感じました。仕事内容ももちろんですが、社員の人柄の良さが決め手です。

プライベートの過ごし方を教えて下さい。

夫婦揃ってお酒が大好きなので、休みの日は初めて訪れる居酒屋へ行って、お気に入りのお店を開拓しています!平日は仕事に全力投球な分、休日は夫婦でゆっくり息抜き、おしゃべりをする時間が何よりの気分転換であり、楽しみです。

OTHER INTERVIEW 他社員インタビュー

一覧を見る

PICKUP CONTENTS ピックアップコンテンツ