INTERVIEW 人を知る

経営資源の中で最も重要なのは、人です。さらには人の心です。激しく移り変わる世の中にあっても、自分だけではない“世のため人のために役に立つこととは何なのか”という純粋な考え方を動機として「心を高め」、よりよい暮らしをお客さまと共に創っていくことを目指します。

INTERVIEW 15

通信技術により、 想像を超えた 未来を創る仕事

技術本部 技術部 設備計画グループ

岸本 亨太

2013年入社

出 身
沖縄工業高等専門学校 創造システム工学専攻 電子通信システム工学コース

キャリアステップ(部署変遷・どんな仕事をしてきたのか)を教えて下さい。

入社1年目(2013年4月~):KDDI新入社員研修(東京)
入社1年目(2013年9月~): (出向)KDDI株式会社
入社3年目(2015年9月~):運用管理部 オペレーショングループ
入社6年目(2018年7月~):技術部 設備計画グループ

2013年から2年間、東京のKDDIで基地局の通信が集約される装置(コア設備)を全国に建設する業務の統括を担当しました。その後当社の運用部門で、日々の通信障害対応及び災害対応に従事しました。現在は、建設部門で沖縄エリアの基地局建設の計画立案及び取りまとめ、執行管理、5Gの導入など、幅広く取り組んでいます。

仕事をする上で大切にしていること、またはやりがいを教えて下さい。

通信業界の技術は進化のスピードが早いので、常に新しい技術を取り入れるよう心がけています。また、通信は今や人々の生活には欠かせない重要な社会インフラ。そのような身近な存在でありながらも、日々進化していく通信の技術によって、人々の暮らしをより豊かに変える一役を担う業務に、やりがいを感じています。

あなたの尊敬する社員はどんな人か教えて下さい。

どんなに忙しく、苦しい状況で余裕がないときでも、利他の心(相手に利益を与えること)を忘れない人を尊敬しています。私自身、切羽詰まって自分のことで一杯になることがありますが、利他の心を持つ人は、周囲の人を助け、信頼され、協力を得ることができるため、一人では出来ない大きな仕事も成し遂げると考えています。

あなたはどんな人と一緒に働きたいですか?

出来ない理由を探すのではなく、出来る方法を考える人と一緒に働きたいです。業務を進めるうえで、乗り越えることが困難な壁はいくつもあります。厳しい状況でも前向きに考え、壁を乗り越えようとする人は、周囲の人々も前向きに変えていきます。そんな人と一緒に働くことで、私自身も変わりましたし、同じように影響を与えられる人になりたいです。

沖縄セルラーに入社を決めた理由を教えて下さい。

人々に通信サービスを提供する身近なインフラ業界でありながら、技術の進化が早く、どんどん新しい技術を導入する移動通信事業の業務に魅力を感じました。加えて、当社は他事業者と違い、KDDIの子会社でありながら、本社を沖縄に構えていることにより、地元沖縄に特化した施策や方針を自分で策定出来る点が入社の決め手となりました。

プライベートの過ごし方を教えて下さい。

休日は学生時代の友人や同期、奥さんとお酒を飲むことが多いです。最近は、友人の結婚式で東京に、奥さんと北九州へ旅行に行きました。また、カレーが好きなので、沖縄県内のカレー屋さんを探して食べ歩くのが趣味です。仕事と休日のオンオフがある会社なので、休みの時間を有効活用しています。

OTHER INTERVIEW 他社員インタビュー

一覧を見る

PICKUP CONTENTS ピックアップコンテンツ